HOME > House TOP > GATE-Z

個人住宅

   GATE-Z

   2020年1月竣工
   場所:沖縄県那覇市


   GATE-Zが『TECTURE MAG』に掲載されました。

敷地は那覇市の路地が多い住宅地にある。前面道路は突き当りに小学校の裏門があり人の通りは少なくない。
隣地は住宅と水路に面している。水路は築年数のある建物も多いエリアで生活排水が放流されているため、決して観賞できるものではない。
この土地を親族から譲り受けたお施主様に、4人家族の住宅設計を依頼された。

住宅に対するお施主様の要望は特に難しいものではなかったが、周辺環境との関係性を捉えることで格段に居住性があがるであろうと考え駐車スペースと必要諸室の面積の確保からL字型建物の配置とし、人の通りや周囲の変化を加味し、極力外部に開口部を設けないコートハウスとすることで解決を図った。

大小2カ所の中庭からは十分な通風・採光を確保しつつ、囲った壁により視線や生活感も感じさせない。
サービスコートは目隠ししつつ、換気ができるのはもちろんのこと、家事動線の一部として利用できる位置とした。

ファサードデザインはL字型で道路面に対し小さく感じることから、要望の駐車場に屋根を設けることで開口方向に大きさを感じるように計画をした。
門型に計画したコンクリートの壁と天井が、力強さを感じるファサードとなった。

近隣の小学校は県内でも有名な吹奏楽部がある。時折聞こえてくる演奏の音は心地よい。子どもたちが近い将来通うであろう小学校に近いこの建物は、大人はもちろん子どもたちにとっても自慢できる建物になってくれることを望む。

lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign
lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign
lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign
lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign
lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign lsddesign

撮影:井田佳明